祠を探せ

DSC_0780 DSC_0778

先日、いつもお世話になっている神官さんとお話しする機会があり、“そういえばこの山の中腹に祠があったよね?”という話に。。

私が嫁に来てまだまもない頃は、お母さんがお供えを持って、山に分け入っていたのを覚えています。今は、お母さんも登れなくなり、人も通らなくなったので道もなくなり、そのままになっていたのですが、「この辺りの守り神だろうから、手をあわせなさい」とのお話しでした。

実は、パラディの建つ周辺の昔の呼び名は「庚申堂」。お母さん世代の方なら、「庚申堂のパラディね」というような言い方をしたりもします。山の中の祠が、俗にいう『庚申さま』なのかは不明ですが、あれ以来、少し気になっていたので、探しに行ってみました。

SACHIO氏はのこぎりを、私は鎌を片手に持って、獣道を登ります(*_*;。すぐに息が上がって大変でしたが、なんとか、それらしきものを見つけ、お供えしてきました! これまで信心が足らずごめんなさい。目印をしてこなかったので、次行けるのか微妙ですが、これからはきちんとお参りに行こうと思います♪

カテゴリー: パラディNews   パーマリンク