気温21℃ 水温24℃ 透明度12m 投稿 樋口

ニシキヤッコイレズミハゼ属の一種イレズミコバンハゼイガグリウミウシ本日の柏島は雨。。。
もうドライでよさそうです。。。
ドライが苦手な方はフードベストやボートコートがあるとまだウエットでも頑張れます(^_^;)
久しぶりにマイカメラ持って潜って来ました。
やっぱりカメラは楽しいですね~♪
久しぶりにニシキヤッコを見つけれたのでちょっと嬉しかったです(≧▽≦)
隠れやすい子ですが深くないのでしっかり撮りたい方はゆっくり時間かけて頑張って下さい♪
深い所に住んでるヒレナガヤッコもまだ居てます~でも移動範囲が広がってきてるので見れなくなる日も近づいてるのか・・・?

かなり前から紹介させてもらってるイレズミハゼ属の一種、今2か所に居て1か所は(自分が前回のログで載せた)背景ピンクで可愛らしく撮れる場所でもう1か所は手前にウミシダがあって撮りにくいのですがそのウミシダが中々いいボケ出してくれるのでシダメル、タマボケが好きな方はこちらに挑戦してみてください!

こちらもちょっと前から紹介させてもらってますイレズミコバンハゼ顔面のインパクトがありカッコイイ!
同じサンゴにいろんなコバンハゼ住んでるのでこのサンゴだけでもだいぶ遊べそうですww

ウミウシも小さいですがぼちぼち増えてきましたよ~
探すの大変ですが宝探ししてるみたいで楽しい♪
一緒にウミウシダイビングしませんか~ww
今日は一つの岩にイガグリウミウシとシラナミイロウミウシとフジナミウミウシの三匹も付いてました♪
超お得な岩でした(≧▽≦)

ぼちぼちお客さんも落ち着いて来たのでログ書く機会増えてくるかと思いますのでほなまた~(o’д’)ノ☆゚。+。See You Again。+。゚☆ヽ(‘д’o)

カテゴリー: LogBook
気温27℃ 水温25℃ 透明度10m 投稿 池谷

ヤシャハゼホタテツノハゼパンダダルマハゼアケボノハゼ早いもので10月も半ばとなり、ログを書くのもずいぶんと久しぶりです。日中は暖かいのですが朝晩は寒く寒暖の差が大きいですね。水温も徐々に下がり始めましたが、まだ暖かくて海の中は快適です。ただ、ボートで移動中に風を受けると寒く感じるので、寒がりの方はボートコートを羽織るかドライスーツおすすめですよ。

春先から夏にかけて全然見つからなかったヤシャハゼ。水温が上がりだしてからバンバン出まくってます。今年の年明け位まで観察できたので、早くから出るネジリンボウなどに比べて水温に敏感なのでしょうか?色合いは全然異なるのですが、ネジリンボウの仲間なんですよね。

ヤシャハゼと同じく人気のホタテツノハゼですが、最近このハゼの好む環境が分かってきたような?気がして楽しんでます♪でも問題は見つけてからなんですよね!ヒレを全開にして欲しくてライトで挑発したりしますが、そのさじ加減が重要ですね。

台風が去った頃から結構目にするようになったパンダダルマハゼ。この子はホントとっても小さかったです!赤ちゃんかな?まだ目がピンク色してました。このあと外付けのクロースアップレンズで撮影しようと試みたのですが、難しかったです。撮影するのにはちょこちょこ動くのが問題なんですけど、ただ観察するならこの動きが可愛いんですよね。

最後はアケボノハゼ。いくつかのポイントで観察できますが、ペアで出ていることもありますよ。アケボノハゼを命名されたのは上皇陛下というのは有名な話ですが、他にもギンガハゼやニチリンダテハゼなどもそうですよ~みんな素敵な名前ですね。

気が付いたら全部ハゼになってしまいました。でもそれくらいこの時期おすすめできますよ。深場の砂地でも浅場のサンゴでも楽しめますしね。

今週末はそれほど風の影響は大きくなさそうなので、快適にダイビングできそうですよ(^^♪それではまた~。

カテゴリー: LogBook
気温24℃ 水温24~25℃ 透明度12~15m 投稿 菊地

イロカエルアンコウチンアナゴオジロスズメダイフィコカリス・シムランスこんにちは!
最近、朝晩が冷えてきましたね。
今朝も寒かったので今シーズン初めて長袖・長ズボンで出勤しました。
だた、寒いのは朝だけで日中は長袖だと暑いくらいでした。

先日、久しぶりに見つかったオレンジ色のイロカエルアンコウ
可愛いサイズの子です(^^♪見つかった当初からこの子は落ち着きがなく、行くたびに違うところに移動してます(-_-;)
毎回、どこ行ったか探すのに一苦労…..
今日も先輩にプレッシャーをかけられ必死になって探しました(;´・ω・)

砂地にはハゼ以外にもニョキっと出ているチンアナゴ
じ~んわ~り近づいてあげると案外寄れます。ただ、メジナやヨメヒメジの襲撃で引っ込んでしまうこともあるので気を付けないとですが(^-^;

今年は昨年よりスズメダイの幼魚が少ない気がしますが浅場でオジロスズメダイの幼魚を発見。一瞬メガネスズメダイかクロメガネスズメダイかな~と思いましたが青いラインもないしどっちでもないく、図鑑で調べたらオジロスズメダイの幼魚でした。どの道このサイズの子は可愛い~( *´艸`)もっといっぱい出てきて欲しいですね~

最後は冬場なかなか見つけることができなかったフィコカリス・シムランス。冬場に見てた子達よりもさらに小さい子を最近よく見かけます。私の眼がよくなってきたのか、ただ単に今シーズンは個体数が多いだけなのか。このサイズは見つけると興奮しちゃいますね♪

イロカエルアンコウのお写真はrinaさんからお借りしました。
素敵なお写真、ありがとうございます。
10月ももうすぐ後半戦に。
あーっという間に冬が来てしまいそうです。
そろそろダイエット始めないとな~(;´・ω・)
それではまたー( `ー´)ノ☆☆

カテゴリー: LogBook
気温21~23℃ 水温26~27℃ 透明度5~10m 投稿 菊地

ナンヨウハギの幼魚フリソデエビハナヒゲウツボホウセキカサゴこんにちは!
お久しぶりのブログです。
前回が9月だったので約1ヶ月ぶりですね(^-^;
1ヶ月前と比べると陸が少し肌寒く感じます。
今朝は雨も降ってたし、ドライスーツでもいいかもと思えるくらいでした(´・ω・`)
そんな本日は北西の風が強く、なかなかハードな海。
おまけにポイントによっては濁りがキツイところもあって、明日から3連休だというのに….。

今シーズンの台風で数少ない置き土産の一つがナンヨウハギの幼魚
今日は浅場が揺れたのでなかなか大変でしたが、たぶんここの子は撮りやすい子です。かなり近づいても隠れない子でした。2匹居たので一緒に撮りたかったのですが上手くいかず。二兎を追う者は一兎をも得ず。に成りかねなかったので今回は1匹に集中しました。

台風後、いるよ~って話は聞いていましたがちゃんと確認してなかったフリソデエビのペア。オスの方はまだ小さくて可愛いサイズです。
しばらく居てくれるといいな~

今年のハナヒゲウツボは幼魚より成魚の方がよく見かける気がします。
今日は2個体いました。1匹はか~なり巣穴から出てきてくれて撮りやすかったです(^^♪
後ろがピンクっぽい岩だったので背景も明るい感じになりました。

最後はと~っても珍しいホウセキカサゴ。台風前に現れて台風後もまだ居ます。いつ居なくなるかわからない子ですので見られるうちに見といてくださいね~(*´▽`*)

フリソデエビとホウセキカサゴのお写真はNIKIさんから頂きました。
いつも素敵なお写真、ありがとうございます!!
明日から3連休。水、キレイになってくれるといいな~
それでは、またー( `ー´)ノ☆☆

カテゴリー: LogBook
気温28~30℃ 水温24~27℃ 透明度10~12m 投稿 菊地

クオビスズメダイオオモンカエルアンコウクマノミの卵ホホスジタルミ(幼魚)こんにちは!
台風11号の接近もあって3日間もお休みを頂きました♪
休み明けの本日。久しぶりに入った海は思ったほど悪くなく
安心しました。
台風明けってもっと濁ってるかな~と思っていましたが、全然ストレスなく潜ることができました。

台風前にトモさんから教えてもらった子。
クロオビスズメダイ。台風でどっか飛んで行っちゃってないかな~って思いましたがちゃ~んと居ました。
隠れては出てきて、出てきては隠れて。結構、遊ばれました (笑)
お尻の方の黒い線が特徴的でわかりやすいですね。
これからの時期、いろんな幼魚がどんどん増えてくれるといいな~(*´▽`*)

もう1匹台風前に見つけた子。
少し大き目のオオモンカエルアンコウ
ちょいと浅めの所にいた子でしたのでど~かな~と心配でしたが
この子も持ち堪えてこたえてくれました。
大き目なので可愛さはないですね….(´・ω・)

ふとイソギンチャクに目をやるとイソギンチャクの根元に
クマノミの卵
お父さんクマノミとお母さんクマノミがせっせと子育て中でした。
肉眼ではなかなか確認しにくいですがカメラのレンズ越しだと
クマノミの卵からつぶらな目がよく見えます♪
育ってくるとキラキラ光って見えるところが個人的には好きです。
早く大きくなってね~( *´艸`)

最後は樋口さんから教えて頂いたホホスジタルミの幼魚。
2匹いるけど、ペアではないですよね。
大きさも少し大きめの子と小さめの子です。追いかけっこしてるみたいに1匹が動くともう1匹が後を追うように常に2匹が近いところにいます♪

お客様の話ですとナンヨウハギの幼魚もいたそうです。
台風のお陰で少し海の中の生物が変わってきたみたいです。
これからが楽しみですね~
それではまたー( `ー´)ノ☆☆

カテゴリー: LogBook
気温32℃ 水温28℃ 透明度25m 投稿 池谷

イナズマヒカリイシモチ(口内保育)ヒレナガヤッコ(幼魚)キツネメネジリンボウダルマハゼ皆さんお久しぶりです!おかげさまで8月のパラディはスタッフ全員フル稼働で毎日大忙しでした~
そのため海ログの更新が1か月ぶりとなりますが、この8月の間に水温が上がってきたことで見られる魚も増え、毎日楽しくゲストの皆さんと潜ってます!
これからはちょくちょく海ログも更新していきますので、よろしくお願いします。

さて新たに発生した台風の影響で海上東からの風が多少感じられますが、柏島の海の中は絶好調!ですよ~
海の色がとっても青く、ボートからエントリーして下を見下ろすとダイブサイト全体が俯瞰できます。浅場、深場共に流れ、うねりなく水温もいい状態をキープしてます。
透明度が良いとワイドもいけるサンゴの見事な柏島。後浜ナイトではサンゴの産卵も観察できたそうです!末長く残るようサンゴをいたわるガイドを心掛けていこうと思います。

最近は浅場でのガイドが続いていたので、フリーの今日はチョッと深くを覗いてみようと下る途中、きれいなオレンジのトサカの中に身を潜めた卵持ちのイナズマヒカリイシモチが居ました。口内保育まだ見れてますよ~キレイなトサカにいると良い画になります(^^♪

ちょっと前までは深場に行くと水温低く冷たかったですが、今日は浅場とそれほど変わらず快適♪ヒレナガヤッコの幼魚居ました。チョッとだけ深いですけどね。

砂地のハゼも出てますね。今日は柏島ならでは!のキツネメネジリンボウに寄らせてもらいました~コトブキテッポウエビも一緒です!
他ではなかなかお目にかかれないので見つけたら紹介してます。他にはヤシャハゼや小さなサイズのヒレナガネジリンボウも見られていますよ。

浅場ではサンゴに住むハゼが楽しめますよ~ここんとこいつも紹介しているダルマハゼのペア。浅場なのでじっくりと撮影できますが、ちょこちょこ動き回るので撮る場所決めたらあとは待つのみ。
今日は絶対ペアで撮る!って決めてました~「ダルマハゼ(ペア)」ってスレートに書くとゲストさんのテンションがグーンと上がるのわかります(^^♪同じく人気のパンダダルマハゼも見れてますよ~

台風の影響気になりますが、暖かく透明度の良いこの海況、できるだけ続いてほしいですね!
それではまた~♪

カテゴリー: LogBook
気温30℃ 水温24℃ 透明度10~20m 投稿 樋口

ホムラハゼゴルゴイレズミハゼ属の一種アカシマシラヒゲエビ本日の柏島は雨予報でしたが晴れ間もあり水中も黒潮が近づいたのか暖かく青くなっててとても潜りやすかったです♪
ジャージの5mmでも行けそうですね~♪
自分は寒がりなので2ピースのスキンですが。。。

少し前に見つけたホムラハゼ今までの概念が変わりそう。。。
今までは10m切ったら居ないもんだと思い探してなかったのですが今回見つけたホムラは6m浅くても居てるんですね~!!
これから探す範囲が広がりました♪
少し深かったら減圧出そうなので浅場に帰って違う生物探したりすることもあったのですが浅すぎてホムラ見に行ったらその場所で一本終わってしまうこともww
今のところ見に行ったら見れてます~♪
浅すぎて台風のうねりとかあたると心配、、、見たい方はお早めに♪

幸男さんが久しぶりにゴルゴを見つけてきてました!
オス一匹なので居付くか分かりませんが数少ないのでしばらく居ててほしいですね♪
他にもトガリモエビも居たみたいですよ~
どっちも細長~いエビww

これも幸男さんが~イレズミハゼ属の一種居てる場所に今貝の仲間が卵産みつけてて、もともと岩についてたピンクの海面と相まって歯と歯茎みたいな所に住んでる感じになりますww
ペアで住んでるのでこちらは長く観察できそうです♪
歯みたいに撮れるのは期限がありそうですがww

アカシマシラヒゲエビのペアが居てるのですが昨日はミギマキのクリーニングしてる所を観察できたので今日もクリーニングする姿を撮れればな~と思いしばらく観察してたのですが周りの魚もエビもやる気なかったのかクリーニングせず。。。
なので寄れるだけ寄って開けてスローシャッターにして髭に動きをつけてみました♪

ホムラハゼの写真はcaorinさんに頂きました♪
(人”▽`)ありがとう☆
このまま透明度良くなって最高の夏迎えたいですね~~~٩( ”ω” )و
ほなほな──(=゚ω゚)ノ──ッ

カテゴリー: LogBook
気温31℃ 水温21~24℃ 透明度3~8m 投稿 池谷

アオサハギ(幼魚)ジョーフィッシュ(口内保育)アカオビハナダイハチジョウタツ好天続きの柏島。出港すると遠く白浜に海水浴客がたくさん見えて夏本番!って感じです。ちなみに私の出身地は埼玉県北部に位置し、暑さで一躍有名になった熊谷の近くなんです~夏本番に気温が40℃近くになることがあり、もう災害レベル!なんせ息をするのも苦しく感じますよ。。。四国地方もそれほどではありませんが、気温がゆうに30℃を超える日が続きますので、マメな水分補給と日陰での水面休息をお願いしますね。
水中浅場はどのダイブサイトもにごにごです~ちょっと下ると透明度はそこそこ良くなるのですが、今度は水温が低くなるので冷たく感じるかな?サーモクラインもはっきり見えます。持ってる方はフードあると快適でいいかも。頭部を保護するだけでも体感温度だいぶ変りますからね。

いくつかのダイブサイトでちらほら見れているアオサハギの幼魚。体側からのショットが定番なので、正面顔を狙ってみました!正面から撮ると、口元から表情がころころ変わるところが面白いです。似たような環境でアミメハギのちびちゃんも居ましたよ。

ジョーフィッシュの口内保育見れてますよ~。卵持ちのオスはだいたい1週間くらい口の中で守るそうですね。でもホント、いつハッチアウトするんでしょう?夜中とか早朝になるのかな?機会があったら見てみたいな。

ちょっと下るとそう深くないところで見られるアカオビハナダイ。きれいなハナダイは深い場所に生息することが多いですが、こちらそれほど深くないのでじっくり観察、撮影できますね。

ハチジョウタツ(ジャパピグ)健在です!たいてい岩陰の海藻にくっついてますが背中向けてることが多いので、じっくり待つか、こちらでアシストできればいいですね。
余談ですが、以前にPNG(パプアニューギニア)で働いていた時に人気のあった固有種のミルンベイピグミーシーホースと水深や居つく場所など生息環境がすごく似ています。
柏島もいろんなタイプのピグミー見られて楽しいですね♪

明日の日曜日は天候海況共に良さそうですよ~後浜ナイトダイブもありますね!
それではまた~(^^♪

カテゴリー: LogBook
気温27~30℃ 水温21~23℃ 透明度10~12m 投稿 菊地

ヤシャハゼヒレナガネジリンボウイロカエルアンコウウミウシカクレエビこんにちは!
先日、柏島で働き始めてようやく1年を迎えることができました。
この1年、めちゃめちゃ濃ゆ~い1年でした。
今まで以上にいろいろな経験をさせていただき、ちょっとは成長できたかな(^^♪
2年目の夏も頑張らせていただきますので、今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

さて、そんな本日の海は昨日と比べると少し水がキレイになった気がします♪
水温は相変わらず下へ降りると20℃くらいで浅場は23℃前後まで上がってきてます。

砂地でハゼ探し。
お目当ての子は出ていませんでしたがヤシャハゼヒレナガネジリンボウのおチビちゃんがいい感じに出てきてくれました。
深場の砂地ってそこまで水温上がってないけど、出てきてくれるもんですね。

イロカエルアンコウのあくび~
エスカをフリフリ~と思ったらそこからの大あくび。
油断しちゃダメですね。
確かに、こんだけ大きく口が開くなら丸のみも簡単にできそうです。

砂地に埋もれてるハスエラタテジマウミウシをよ~く見て見ると居ました!
ウミウシカクレエビ
なかなかあっちゃこっちゃ動きまわってじっとしてくれませんが
ホント、色がキレイな子ですよね。

他にもフリソデエビやハナヒゲウツボ、ニシキフウライウオなど夏らしい生き物が増えてきました( *´艸`)
この調子で3連休を迎えれたらいいですねー
それでは、またー( `ー´)ノ☆☆

カテゴリー: LogBook
気温32℃ 水温22~23℃ 透明度5~10m 投稿 樋口

キツネメネジリンボウパンダダルマハゼポントニデス・マルディブエンシス.ハシナガウバウオ真夏の暑さの柏島暑すぎるのですが水中はちょっと冷たい。。。
フードベストなどある方がいいです(^-^;
透明度もそんなに良くない、、、大潮なので急に流れたりするのでいい潮入ってこないか期待してるんですけどね~
冷たいけどハゼのではぼちぼちいい感じです♪
キツネメネジリンボウ、ヤシャハゼ、ヒレネジ、ネジリンボウなど砂地に居てる色んなハゼ出てきてます(^^)/
たまにヤドカリ、.ヨコエビ、ウミウシなどもみれるので砂地徘徊が楽しい季節♪
少し撮りにくい所ですがパンダダルマハゼも居ましたよ~これからどんどん増えて色んなポイントで見れるようになったらいいな~
撮るコツは最初しばらく観察してパンダのお気に入りの場所があるのでそこで待ち構えるのがいいかと思います♪
スタッフが手あいてたらサポートしますが写真無理せず観察してるだけでも可愛いですよ♪

久しぶりにポントニデス・マルディブエンシス見つけました~
こいつが好きって人がいたのでたまに気にして探してみてたら居てました♪
ちょっと明るめのナンヨウキサンゴについてたので普段見る個体より明るめの個体かな~それにちょっと頑張ったら青抜きで撮れるし٩( ”ω” )و

浅場ではガンガゼの隙間にハシナガウバウオの子供がチョロチョロしてたのでガンメルに挑戦!
中々思うところに来てくれず苦戦しましたが楽しかった♪
思う様に撮れないからまた挑戦しようってなりますよね~
皆さんもガンメルやシダメル、青抜き、黒抜きなど色々な撮り方挑戦
してみてくださいね~(∩´∀`)∩

ほなまた~
マタネ―――(`・∀・´)ノシ―――!!

カテゴリー: LogBook
気温30℃ 水温22~24℃ 透明度3~5m 投稿 池谷

ジョーフィッシュナガサキスズメダイイナズマヒカリイシモチアカホシイソハゼこないだまでの猛暑はひと段落して、今日の柏島は過ごしやすく海上もべた凪~♪こんな日ばかりなら操船も少しばかり気が楽になります~だいぶ慣れてきましたけど、風は向きも強さも毎回変わるので、落ち着いてとにかく安全第一でやっていきます!

まずはジョーフィッシュ。ジョーは英語であご。これは通称で「カエルアマダイ」が正式な和名だそう。やっぱりジョーの方がしっくりしますね。この個体は渋めのカラーバリエーションですが、穴から顔を出したり、ひっこめたりしてなんとも愛くるしい顔覗かせていました~。

水温の上昇とともにスズメダイもちらほら見かけるようになりました。全身きれいなブルーのナガサキスズメダイのちびちゃん。なるべく小さい個体を追いかけてみました。だいたいサンゴの周辺を行ったり来たりしてまた同じ所へ戻ります。鬼ごっこみたいでちょっと楽しかったな(^^♪去年もいろいろなスズメダイ見たのでこれから楽しみです!

今日はトサカ類がめちゃめちゃ元気に開いていたので、その群生ポイントがキレイで写真に撮りたいくらいでした。でもマクロレンズなのであきらめたけど、イナズマヒカリイシモチが良い所に出てきてくれました~。この個体、先日は卵いっぱいだったけどすっきりしました~お疲れさまです!

そのトサカの周辺を観察していたら、アカホシイソハゼがヒレ全開でいいとこに居たので撮ってみました~普通種ですが、ヒレを開いている姿はほんとに美しいなと思いました。

週末風の影響は小さいみたいでどのポイントでも行けそうな感じですが、あとは透明度ですね。マクロでは影響少ないとはいえ、みそ汁状態からは抜け出てほしいな!
それではまた~♪

カテゴリー: LogBook
気温30℃ 水温20~23℃ 透明度10~12m 投稿 菊地

アオサハギの幼魚キンセンイシモチイロカエルアンコウフリソデエビこんにちは~(*´▽`*)
明日は7月7日、七夕ですね~♪
日本3大七夕祭りって知ってます?静岡県の清水、神奈川県の平塚、
宮城県の仙台の七夕祭りのことを言うらしいんです。
私の実家は平塚で3大七夕まつりの1つでした。小さい頃はよく駅前のアーケードいっぱいのお飾りの下をくぐって見て回ったり、出店で食べ歩きをしたりしました(^^♪
関西ではあまり盛んではないみたいで短冊にお願い事を書いて短冊に付けて終わりみたいです。
ちょっと寂しいですが地域によってお祭りにもいろいろあるんですね。高知のお祭りもいつか見に行ってみたいな~

そんな本日は昨日の台風の影響で多少の波は残ってましたが問題なく出港できました。水中の濁りも少なく、ストレスを感じることなく潜ることができました。
最近、アオサハギの幼魚やアミメハギの幼魚がどんどん増えてきてます(≧▽≦)ミルやウミシダの中を探すと大抵付いてるので見つけたらあとは粘るだけです。ミルに付いてる子はミルの周りをクルクル回るし、ウミシダに付いてる子はウミシダに隠れまくるのでじっと我慢してその時を待つのみですね。

キンセンイシモチの口内保育もまだまだ観察できます。
今日の子は見つけた時からなんだかソワソワ。
卵をくわえ直したそうな感じでした。
子育てって大変そうだな~とついつい思ってしまいました。

どーやてもかわいく撮れないイロカエルアンコウのおっきい子。
う~ん。色もグレーな感じで。なぜもっと小さい時に見つけることができなかったのか。
人間もそうですが小さい頃は何でも可愛いのに大きくなると可愛さが半減してしまうカエルアンコウ。残念過ぎる。

最後は先日のベストショットでもアップされていたフリソデエビ
今期初登場です( *´艸`)
穴の中からこちらを見てくれる、大・小のフリソデエビ。
なんだか季節外れですがお雛様みたいで可愛いです。
ペアになってるのでしばらく居てくれそう♪

明日もお天気良さそう~
それではまたー( `ー´)ノ☆☆

カテゴリー: LogBook
気温29℃ 水温21~24℃ 透明度5~10m 投稿 池谷

アオサハギイナズマヒカリイシモチミナミハコフグピグミーシーホース梅雨明けとともにとても暑い日が続いた柏島。昨日からは台風の影響でしょうか?南風が強くなってきてますね。水中も浅場だけでなく下の砂地のエリアも流れがあったので、私もそうでしたが、ゲストの皆さんも写真撮るのに体を安定させるのがちょっと大変で一苦労だったと思います。

今日の海況から、なるべく流れの影響を受けにくい場所で生物探ししていたら、明るいオレンジ色のウミシダを漂うアオサハギの幼魚がいました。この近くの緑色のミルにも別の個体がいたので、生物にとっては格好の居場所だったのでしょうね。アオサハギの幼魚はリクエストも多い人気種なので、実際の生息環境などよく覚えておこうと思います。

今日は後浜でも最近あまり入ることがなかったブイからエントリー。砂地でオドリカラマツやトゲトサカを物色していたら黄色のオドリカラマツの中で流れに負けじと泳いでいたイナズマヒカリイシモチのちびちゃんたちに会えました!柏島に来てこれまでは成魚サイズしか見たことなかったので、このちびちゃんたちの泳ぐ姿がほんとに可愛かったですよ~(^^♪台風という大きな障害にも負けずにがんばれ~!

最近いろんな場所で見られているミナミハコフグの幼魚ですが、やっぱり小さいうちのくすんでいない鮮やかなイエローが好きですね♪寄ろうとするとそっぽ向いたり生物の陰に隠れたりと気まぐれなので、撮る場所決めたらあとは来てくれるのを待ってます。

最後はピグミーシーホース(ヒポカンパス・バージバンティ)。今回はポリプ開いてました~。だいぶお腹が大きくなってきてもうすぐハッチアウトでしょうかね?今回フリーで入ったので、写真撮った後じっくりと観察させてもらいました!ピグミーの生息水深にしてはそれほど深くないので、見たい方はお早めにお願いしますね。

明日からも台風の影響ですっきりしないお天気が続きますが、引き続き台風の進路などチェックしながら安全にご案内できるよう心掛けていきますね。
それではまた~♪

カテゴリー: LogBook
気温30℃ 水温23~24℃ 透明度5~8m 投稿 樋口

ヒレナガヤッコサクラダイアサドスズメダイオニハゼSP梅雨開けて暑い日が続いてますが暑い時は海に避難です!
でも来週は雨が多いらしいので雨に濡れたくないので水中へ!ww
どっちにしても海であそびましょww
こまめに水分とミネラル補給を忘れずに!!

教えてもらったヒレナガヤッコ幼魚、ありがとう(人”▽`)☆
初見でしたが水中で青色が目立ってて可愛かった~
ごく一部の人にブーブー言われそうなので載せないで行こうか迷いましたが一足先にインスタに載せたのでまーええかって事で。。。
夢中になって撮ってしまうのですが減圧に気をつけて楽しんで下さい♪
近くにオシャレハナダイがいたりベラが凄かったりサクラダイが居たりと目移りしてしまいそうですがどれかに絞って浮気せず仕留めてください(^_-)-☆
サクラダイは背景もいい感じの所なのでこれはこれでじっくり行きたいww

浅場では少しスズメダイが増えてきたかな~この前はメガネスズメダイ見かけたしヒメスズメダイもいたりミスジリュウキュウスズメダイやナガサキスズメダイの小さいのも良く見かけるしアサドスズメダイもちらほらと♪
スズメダイって見てると可愛いけど撮ったら怖くなったり色が思う様に出なかったりと難しかったりしますが基本深くないので気が済むまで撮りまくってくださいww

最後も教えてもらったオニハゼSP、かなりお久しぶりな気がします!
砂地に同化しやすいのであそこにいるよ!って言ってもどれ??ってなるかもですが撮れるととってもキレイ♪
警戒心が強く超じわじわよってください。。。
にしてもヒレ開いて欲しかったな~Pさんありがとうございました♪

夏本番なので夏バテしないように楽しく潜って行きましょう~♪
ほなマタネ―――(≧▽≦)ノシ―――!!

カテゴリー: LogBook
気温29℃ 水温22~24℃ 透明度5~12m 投稿 池谷

ニシキフライウオヒメオオメアミヒラミルミドリガイ昨日、今日と梅雨の中休みでしょうオニハゼ属SP(旧ホタテツノハゼ1-3)か?陸上は快晴で暑い柏島なので、ウエットに着替えると汗が滲んできて早く海に入りたーい!って感じです。
水中はというとまだそれほど水温が高くないので、1ダイブしてボートへ戻ってくるとボックスに溜めてきたお湯はまだ大活躍しています!
最近は透明度安定してて10m以上見えてましたけど、昨日辺りから浅場がにごにごですね。。。少し下るとましですけど。それでも午後のダイブで少し透明度回復してたので、これからいい潮入ってくれること期待してます。

ニシキフライウオのイエロー&レッドのカラーバリエーション♪ブラックカラーもシャープでカッコいいですけどこっちの方が撮りやすいかな?この魚が出てくるといよいよ夏が近づいて来たのを感じますね。ふわふわと気持ちよさそうに漂っていました~。
ちなみにこの個体はご近所さんのダイブショップのスタッフの方に教えて頂きました~ありがたや~♪

ヒメオオメアミのアメリカンカラー。黄色と黒のカラーはよく見るのですが、たまーにこの派手な色合いの個体がいます~他のカラーはともかく、これなんかいいな♪と思ってしまいます。後ろに鎮座してるオトヒメエビもアメリカンカラーですよ~。

緑色のミルを観察していたら、不自然な膨らみがあったのでよくみたらヒラミルミドリガイがついてました。ミルと全く同色だったので、触角と動きで判断できました。ミドリガイは目がかわいいんです!

砂地のハゼも出だしてきまして、ネジリンボウやホタテツノハゼの他にもオニハゼやオニハゼ属SP(旧ホタテツノハゼ1-3)も出てます。本家ホタテツノハゼやオニハゼよりも明るくて淡い色合いが結構気に入ってます~。

週末天候はまた梅雨空に戻る予報ですが、日が差すと紫外線も強いんで、日焼け対策や水分補給を十分にお願いします。
それではまた~♪

カテゴリー: LogBook
2023年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031